トップ / 自転車保険に加入すべき人

自転車保険の義務化

自転車保険に加入すべき人

自転車保険に加入すべき人とは

自転車保険への加入が特に義務づけられていない地域に住んでいる人でも、加入しておいた方がいいと思われる人はたくさんいます。自分は加入した方がいいのかどうか迷っている人も多いでしょう。また、自転車保険にもいろいろ種類があるため、加入するならライフスタイルに合った内容の自転車保険を選ぶのが望ましいです。

まず、小さな子どもの場合には、ぜひ自転車保険に入っておいた方が無難です。特に自転車に乗り始めの子どもの場合には、安全確認をせずにスピードを出して走ることがあります。そのようなときに歩行者に衝突して大きな怪我を負わせてしまうと、多額の損害賠償を請求されるでしょう。また、転倒するなどして子ども本人が怪我をしてしまう可能性もあります。

通勤や通学で自転車を使っている人も、自転車保険に加入しておいた方が安心できます。毎日自転車に乗ることになるため、それだけ事故を起こしてしまう確率も高いでしょう。とくに朝は道路に自動車や歩行者が多く、混雑しやすいです。自分以外にも自転車で通勤や通学をする人もいるでしょう。

混雑した道路を走っていれば、何かにぶつかってしまう危険性も増します。自分が被害者になったときと加害者になったときの両方を想定して、個人賠償責任保険と傷害保険がともに充実している内容の保険に加入するといいでしょう。

他に自転車に乗ることを趣味として楽しんでいる人も、自転車保険へ加入しておくことをおすすめします。通勤や通学で使う人ほどではないものの、自転車に乗る頻度が高いからです。運悪く事故に遭ってしまうこともあるでしょう。特に高価な自転車を愛用している人は、盗難にも注意しなければなりません。盗難補償特約が付いている保険を選ぶと安心でしょう。