トップ / 自転車保険の保険料と補償のバランス

自転車保険の義務化

自転車保険の保険料と補償のバランス

自転車保険の保険料と補償のバランスは

自転車保険に加入する際には、どんな場合に保険金が下りるのかを把握した上で選ぶ必要があります。自転車保険と聞くと、自転車事故を起こして、相手に損害賠償を請求されたときにその補償をしてくれるものというイメージを抱いている人が多いかと思います。これを個人賠償責任保険と言いますが、自転車保険はこれに加えて傷害保険もセットになっています。傷害保険は自分が怪我をしたときに下りる保険です。

そして、ほとんどの自転車保険では、自転車事故のみを対象としているわけではありません。日常生活で起こる事故全般を対象にしているものが多いです。また、交通事故のみを対象にしている保険もあります。補償内容や補償の範囲と保険料のバランスを考慮して選ぶことが大切です。

本人が怪我をしてしまった場合に降りる傷害保険に関しては、入院をした日数や通院をした日数に応じて保険金が下りる内容のものが多いです。また、死亡してしまったり、障害が残ってしまったときにも保険金が下ります。

個人賠償責任保険に関しては、賠償補償を最大いくらまで対応するかが決まっています。その金額よりも相手に請求される損害賠償の金額が低い場合には、損害賠償金を全て保険金で賄うことができるのです。請求される損害賠償の金額の方が上回ってしまうと、差額は自分で負担することになります。

自転車事故に備える場合には、賠償補償が1億円あれば大丈夫でしょう。さらに、示談交渉サービスが付いているものを選ぶのが望ましいです。保険料に関しては、年額で2,000円くらいまでのものを選ぶのが適切でしょう。2,000円を超えると、やや割高な部類に入ります。傷害保険に関して手厚い補償を求める場合には、2,000円を超えても良いかも知れません。